多汗症治療の料金は保険が効く?条件や基準について

多汗症治療の料金

多汗症治療の料金は保険が効くのでしょうか。口コミを見ると、以前は保険適用がなかったのですが、ボトックス注射の場合、重度の多汗症に対しては、保険が適応されるようになったようです。そのため、以前よりは安く治療を受けられるようになりました。

スポンサーリンク

保険適用になるのに必要な事

ボトックス注射 保険

ただ、多汗症治療のボトックス注射は、全ての人に保険が適応されるわけではありません。基本的には、多汗症ボトックス注射は、自由診療になります。多汗症治療の料金に保険が効くかどうかは、医師が判断します!特別な原因がないのに日常生活に支障がでるほど多くの脇汗がでる病気と医師が診断した場合に限り、保険が効くことになります。

たとえば、なんらかの病気や服用中の薬が原因で汗が増えている場合は、保険適応にはなりません。保険適応となるには、医師から、原発性腋窩多汗症という疾患であると認められる必要があります。この病気は、脇から腕へ汗が垂れたり、服の両脇にシミができるほど汗をかきます。多汗症ボトックス注射が保険適応となった背景には、ひどい脇汗による生活の質の低下を防ぐ目的があります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする